(地裁前でスピーチする井戸弁護士)

2022年9月7日

 

「311子ども甲状腺がん裁判」の第2回口頭弁論が東京地裁、806号法廷で開かれました。法廷では、弁護団の主張と原告6さんの意見陳述が行われました。

そしてこの日、中通り出身の20代の女性が新たに追加提訴し、原告は7人に増えました。この日の、一般傍聴席は25席に対し、傍聴を求めて、156人の方が傍聴整理券配布に列を作りました。

 

支援者集会の会場となった日比谷コンベンションホールでは、原告7さんの追加提訴時の記者会見様子、井戸弁護士の模擬プレゼン動画や、アイリーン・美緒子・スミスさんからの応援メッセージをご覧いただいています。

支援者集会の後半は、口頭弁論後に駆けつけた弁護士の期日報告や、事前録音した原告6さんの意見陳述の音声を会場で聞いていただきました。

 

この第2回口頭弁論の内容の詳細は、311子ども甲状腺がん裁判NEWSのニュースレターvol.2に書かれています。ぜひ、ニュースレターもご覧ください。

 

また、第2回口頭弁論の準備書面等はコチラから閲覧、ダウンロードできます。

 

(追加提訴の映像)

(アイリーン・スミスさんメッセージ映像)

(期日報告集会の様子)


これまでの期日情報は下記のボタンをクリックしてご覧いただけます。